音楽療法士

ヘッドホン

人の叡智の結晶 音楽を使ったカウンセリング

音楽を楽しむことができるというのは人間に許された最大の権利の一つです。
音楽というのは人の心を動かす効果がある、ということは皆さんもご存じのことでしょう。
そこでここでは、心理カウンセラーの一種であり、音楽によって人の心を動かすことを目的とする仕事「音楽療法士」について紹介していきます。

音楽療法士という仕事自体が初耳だという人も少なくないことでしょうから、まずは具体的な仕事の内容について簡単に紹介していきます。
音楽療法士の仕事は、音楽によってもたらされる生理的、心理的、社会的働きを使うことによって、人の心につきまとう悩みや障害を取り除いたり、平常な状態を維持させたり、生活の質を向上させたりすることを目的としています。
音楽に人の心を動かす力があるということを最大限に活かし、その人の行動すらも変容させてしまう力を発揮させることこそが音楽療法士の仕事ということになります。

では、この音楽療法士は実際にはどのような現場で活躍しているのでしょうか?
最も大きな活躍のばとなっているのが、福祉や医療の現場です。

例えばその対象として代表的なのが認知症の患者です。
認知症というのは、勿論その進行度にもよりますが、深刻な状態になると人の言葉ではなかなか言いたいことを伝えることが出来ない、ということがあります。
そういった時、音楽の力を用いることによって、自然と平静な状態を作り出し、認知症患者の心をケアするのに役立っています。

また、そのほかには脳性麻痺や自閉症のように、子供であっても心の状態を把握しにくく、安定させるのが難しい人を対象にしても用いられており、通常のケアでは出来ないような効果を発揮していることも少なくありません。

音楽療法士になるための資格

では、この音楽療法士になるためにはどのような資格が必要なのでしょうか?
現在の所、音楽療法士のための国家資格というものは存在していないため、免許職というわけではありません。
ただ、多くの音楽療法士の方々は民間の団体が行っている認定資格を取得しています。

具体的には音楽療法士一種と二種という資格がありますので、これを取得することが音楽療法士になるための一歩ということになるでしょう。
受験資格としては一種は大学の卒業、二種は短大の卒業とされており、実は学歴も必要な仕事となっています。
認定条件が学歴となっているために通信講座などはありませんから、しっかり勉強をして備えておく事が必要となるでしょう。

ただ、現在の所音楽療法士は国内ではあまり普及していないという状況です。
これだけで就職を目指すというのは厳しいのが現実なので、その他の資格を併用するようにしましょう。